前のページへ戻るホームへ戻る

ホーム > 審査員登録制度

審査員登録制度

審査員登録制度について
一般財団法人日本情報経済社会推進協会では、プライバシーマーク制度の透明性、信頼性を確保するために、審査担当者に関する「プライバシーマーク審査員登録制度」(以下「登録制度」という)を運営しております。登録制度の目的は、審査員としての資格を対外的にも明確にし、その資格に適合していることを認めるものです。
資格としては、審査員補、審査員、主任審査員があります。
審査員補は、プライバシーマーク推進センターが定めた研修カリキュラム基準に準じた研修を受講し終了試験に合格した者が登録することができます。
審査員補は、単独では審査をすることができませんが、審査チームが実施する審査の現場に同行してOJTによる審査経験を積むことができます。 決められた回数の審査経験を突破し、更にその実績を踏まえて審査員に値すると主任審査員が評価した場合、審査員に格上げされ登録することで、実際の審査活動ができるようになります。
同時に、審査員も一定の基準に達した場合、主任審査員として格上げし登録することができます。


なお、本登録制度は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会「プライバシーマーク推進センタープライバシー事務局」が運用します。


本制度に関する詳細は、以下のURLをご確認ください。
ページの先頭へ