ホーム > 新卒者向け情報ページ > 業界紹介

前のページへ戻るホームへ戻る

業界紹介

IT業界への就職を考えたとき、皆さんはどのようなイメージを抱きますか。

現代社会では、生活のあらゆるところでITが利用され重要な役割を担っています。
家電やスマートフォン等の身近な製品から、交通輸送やエネルギー管理等のインフラ整備までITがなければ成り立たない世の中となっています。

かつては夢だったことを現実に変え、新しい便利さ、豊かさを実現する手段としてのITの利活用はますます重要になっています。IT技術者は、新たな価値を発見し、その実現によって「明日を創る」キーパーソンです。誰かが開発したIT技術を利用する側から、誰かのために必要なシステム開発をする仕事をする側へ。あなたも無限の可能性が広がるIT業界で、新しい未来を創造してみませんか。

IT産業は期待されている

ITは社会を支える基盤技術として、あらゆる局面で活用されています。

例えば、スマートフォンを利用した各種アプリ、電子マネー、カーナビの情報サービス等にもITが利用されています。

高齢化社会、少子化社会、地球温暖化等、21世紀の課題と言われる社会環境の変化への対応にはIT技術は必要不可欠と言われています。

ここに社会のニーズがあり、今後大きく成長する産業と言われています。

北海道で多くの人が活躍している業界

北海道のIT産業従業員数は約20,000人で、北海道の主力製造業である食料品製造業に次ぐ位置にあり、製造業全体の12.4%を占める雇用吸収力を有しています。

しかしながら、プログラマーやシステムエンジニアが不足しているIT企業は65%にも及び、人材確保は業界最大の経営課題となっています。

北海道のIT企業に就職しませんか。(出展「平成26年工業統計調査結果速報」北海道)

適しているのは理系それとも文系

IT業界では理系出身の先輩が活躍しています。
でも最近は、文系の社員も多くなっています。

現代は、ITの利活用によって新たな事業やサービスを創出する時代となっています。
時代をリードするIT技術者には、その先の社会を創造する能力が求められます。
企業においては、新入社員は誰もが未経験で初心者です。

やる気のある人は、理系文系問わず大歓迎です。

北海道のIT企業で、ハッピーなライフスタイルを実現しませんか?

北海道IT推進協会の事業

ページの先頭へ