ホーム > 新卒者向け情報ページ > 先輩の声

前のページへ戻るホームへ戻る

先輩の声

室蘭工業大学 工学部 情報工学系学科 出身

現在、私は自社パッケージである地方自治体向けシステムの開発・保守を主に担当しています。「システム開発」と聞くと、プログラミングの知識さえあればいいと思いがちですが、顧客のニーズをしっかりと捉えたシステムを作る為には、顧客業務に関する専門的知識も必要不可欠です。覚えるべき専門用語が多く、入社当時は苦労しました。それでも、日々の仕事の中で少しずつ自身の成長を実感し、自身が携わったシステムが稼働した時の達成感は、この仕事の最大の魅力だと思います。

就職活動をしていく上でアドバイスしたいことは、どんな時に自分がやりがいを感じるのか、じっくり考えることから始めてください。そうすることで、今まで見えなかった選択肢が見つかるようになり、色々な分野に興味をもつことが出来ると思います。IT業界は技術の進歩と共に、業界全体の状況が刻々と変化します。常に新しいことに挑戦しようとするチャレンジ精神が旺盛な方に、ぜひお勧めしたい業界です。

H さん

H さん

2014年4月入社

北海道情報専門学校 情報システム専門科 出身

入社の動機としては、 札幌のIT業界で働きたかったことと、北洋銀行がバックにある 経営基盤の安定性に惹かれたためです。

銀行系のシステム開発・保守に7年間携わった後、現在は社内の人事・研修を担当しています。

人事では、採用活動の計画から会社説明会や選考活動の実施、選考中の学生のサポート等を行っています。また、研修では、新入社員研修をメインに担当しています。

当社では新入社員に対し、4月から9月末までの半年間研修を実施し、実際のシステム開発を題材に、システム開発工程や仕事の進め方を指導しています。

文系の学校を卒業し、全くIT業界の知識がない新入社員もいるため、毎日ミーティングを実施し、個別に相談に乗る等、入念なコミュニケーションを取りつつ、半年間で幅広い知識・スキルを身につけます。

半年間の研修が終了した新入社員は10月から各部署に配属となりますが、採用から研修まで自分が関わった社員が活躍する姿を見るのはとても嬉しく、やりがいを感じる瞬間でもあります。

T さん

T さん

2008年4月入社

北海道教育大学(岩見沢校)教育学部 出身

私は文系出身で専門知識はありませんでしたが、SEは色々な経験ができるのでは、と思い、IT業界を選びました。現在は、自治体基幹システムの設計、開発を担当しています。
初めはプログラマとして製造を担当していましたが、現在は仕様ホルダーとして、お客様と直接会話し、何をどうしたいのか、という要望を開発チームへ橋渡ししています。どちらも慣れないうちは四苦八苦しますが、お客様の要望をもとに対応方法を提案することができ、また実際にお客様が構築したシステムを使っているところを見ると、達成感を感じることができます。

 システムは、プログラム開発だけではなく、リリースまでの移行作業やその後の運用作業など、様々な工程を経てお客様のもとに届きます。時には何十人規模のチームがそれぞれの役割をもってシステム開発を行うので、たくさんのステークホルダーとコミュニケーションを取りながら進めていきます。一つのシステム開発で色々な経験ができるところが、この仕事の魅力です。

O さん

O さん

2009年4月入社

北海道情報大学 経営情報学部 出身

中学の時にITに漠然と興味を持ち始め、高校、大学と情報系を専攻して学ぶ事が出来た為、SEになることを決めました。将来の夢はSEと決めていたので、夢が叶った形になります。現在の業務はCADソフトと連携した電気設備システムの開発に携わっており、設計工程と製造工程を担当しています。最近はレビュー時にミスを指摘されることが少なくなり、成長を実感しています。

 今年度で3年目を迎え、仕事にも段々慣れてきたところですが、まだまだコミュニケーション力が足りない事を実感する毎日です。コミュニケーション力が不十分だと、相互に認識違いが生まれ、間違いに気づかないまま先に進んでしまう事があります。一朝一夕で身に付く力ではないですが、学生時代からコミュニケーション力を高めようと意識し、行動することが重要と思います。

K さん

K さん

2014年4月入社

ページの先頭へ

北海道大麻高校 出身

 医療機関向けパッケージソフトウェアの営業をしています。短期的な商談から、2年がかりの商談など様々ではありますが、お客様が課題と感じている事に対し、提案するソフトウェアの機能が課題解決にピタっとハマった時、喜んで頂けることに達成感を感じています。

道内一円を商圏としているため、北海道の様々な土地へ行けることにも魅力を感じています。仕事はもちろんのこと、道内各地の美味しい食事に巡り合えることもまた魅力です。

営業は、とにかくお客様とコミュニケーションをとるのが役割だと思っています。ITを手段に多様な人とつながりを持ち、困った時に役立てる。これが営業の醍醐味だなと思っています。

IT技術の進歩とともに私たちの活躍できるシーンも年々増えています。地元北海道の企業だからこその、身軽なフットワークをこれからも求め続けていきたいです。

Sさん

S さん

2011年6月入社

ページの先頭へ

釧路公立大学 経済学部 出身

誰もが知っている大企業の、ECサイトと呼ばれるインターネット上で商品を販売するWebサイトの保守を行っています。
  Webサイトはインターネット環境があれば誰でも使うことができるので、自分の作ったものが世に出て動いていることを実感できる反面、商品の販売に関わる部分はお金が絡むので、バグがあった場合は大きな問題となり、慎重に慎重を重ねた作業が必要となります。

IT業界は他社の人、異業種の人と一緒に仕事をすることが多いのが特徴です。各業種のビジネスルールや慣習を考慮しながら設計、開発する必要があるため、IT業界を本業としながら、異業種の仕事に触れることができ、社会人としての視野を広げながら仕事をすることができます。

IT業界とひとことで言っても、幅広い分野があります。
興味のあることや、どのような仕事に就きたいかを明確にイメージするべきだと思います。
自分の仕事に興味を持てるかどうかが、仕事をしていく上でとても大事なことだからです。

K さん

K さん

2010年4月入社


北海道IT推進協会の事業

ページの先頭へ