ホーム > 協会について > 会長挨拶

前のページへ戻るホームへ戻る

会長挨拶

会長

平成20年度の活動テーマ『連携&躍進』


  社団法人北海道IT推進協会は道内の主要IT関連団体が統合し、新たな出発をしてから6年目を迎えます。
 昨年の北海道経済は、公共投資や住宅投資の低調に加え石油価格をはじめとする原材料の値上がりなどで一層厳しさが増してきていると思われます。
 このような状況のなか、北海道のIT産業は売上高、従業員規模ともに順調に成長しており、北海道経済の牽引力としてますます期待が大きくなってきています。

 平成20年度は、会員企業約150社を対象とした「会員活性化対応事業」、会員以外のIT企業を含めた約300社が参加する「産業クラスター・フォーラム事業」、本年5月に新たに北海道地区担当の指定を受けた「プライバシーマーク(Pマーク)付与認定事業」を実施して参ります。
 特に、Pマーク付与認定事業は、昨年度から北海道地区の全業種(医療を除く)を対象としたPマーク認定付与の指定機関となるための環境整備を行ってきました。6月から正式にPマークの審査・認定及び相談業務をスタートさせ、個人情報の保護と情報化社会の発展に貢献して参りたいと考えています。

 具体的な事業内容は以下のとおりでありますが、本年度は会員企業の「連携」を一層強め、さらなる協会の「躍進」に努力して参りたいと考えております。
 会員の皆様をはじめ、関係する行政機関や各大学の先生方、諸団体の皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
  1. 会員活性化対応事業

    会員企業向け研修事業の充実を図るとともに、会員相互のコミュニケーション向上を推し進め、協会の会員であることをメリットとして実感出来る事業活動を実施して参ります。

  2. 産業クラスター・フォーラム事業

    北海道ITイノベーション戦略で示された10の支援プロジェクト実現のため、「連携促進事業」や「新事業創出支援事業」「販路開拓支援事業」等の事業を実施するとともに、北海道のIT産業の実態を把握して情報の提供に努め、北海道情報産業クラスター・フォーラム事業の推進機関としてリーダーシップを発揮します。

  3. Pマーク付与認定事業

    北海道地域のPマーク付与認定指定機関として「北海道プライバシーマーク審査センター」を開設し、Pマーク認定審査事業を実施します。
  4. 公益法人改革検討事業

    本年12月からの公益法人制度改革3法の本格施行に伴い、当協会の公益性や移行形態、将来の在り方を検討するため、協会に公益法人改革検討委員会を設置します。
最近、全国的に著名となっているITソフトやソリューションを発表した道内IT企業が多くなってきています。
 北海道のIT産業や経済の活性化のため大変喜ばしい事と感じています。
 道内IT企業の集積を活かし、業界が連携して北海道の基幹産業の一翼を任い、北海道経済活性化の一助となるよう努力して参りたいと考えておりますので、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

社団法人 北海道IT推進協会
会長 安田 經


平成29年度挨拶
年頭挨拶(平成29年)
平成28年度挨拶
年頭挨拶(平成28年)
平成27年度挨拶
年頭挨拶(平成27年)
平成26年度挨拶
年頭挨拶(平成26年)
平成25年度挨拶
年頭挨拶(平成25年)
平成24年度挨拶
年頭挨拶(平成24年)
平成23年度挨拶
年頭挨拶(平成23年)
平成22年度挨拶
年頭挨拶(平成22年)
平成21年度挨拶
年頭挨拶(平成21年)
平成20年度挨拶
年頭挨拶(平成20年)
平成19年度挨拶

北海道IT推進協会の事業



ページの先頭へ